ラッセルホブスを比較に比較し「厳選」した1つの商品です

同じ1Lですが、コンパクトです。1リットルにしてはコンパクトで使いやすいし、見た目がかわいいので、キッチンで映えます。【湯沸し力】国産と比べて性能は劣るが、満水使用でなければ気になるほどの時間差は感じない。

コチラです!

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

ラッセルホブス【送料無料】 ラッセルホブス 電気ケトル 「カフェケトル」 7410JP

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

早く沸くのに!子ども達は感動していました(笑)イメージしていたより小さめで軽く!少しちゃちい気がしますので!星ひとつ減らしました。難点を挙げるとすれば!蓋が少し固めなので!その点はワンタッチでできるティファールの方が優れていると思います。5年ほど前に、見た目がカッコイイので、800ml容量を購入し、お茶、麺を茹でるお湯をとりあえず沸かしたりなど、毎日ではありませんが、愛用してました。【手入れのしやすさ】蓋と本体が結合していないシンプル構造なため!入り口は思ったよりも広く内部の洗浄はしやすい。沸かす音は変わらず大きくてうるさいですが、見た目と利便で帳消しです。ステンレス製品がよく!デザインもよく気に入りました。つかいやすい!コーヒーを淹れるのに注ぎ口が細くていい買い物をしました!安くてびっくりします(>_<)初めての電気ケトルです。口が細くティファールより好きですね。。内部の突起に当たった流水を跳ねさせることもなくなった。沸騰までの速度や音にはそれほど差がないと思います。ティファールが壊れて!次はドリップにも使いやすいものをと思い!こちらを購入しました。【デザイン】金属の質感と材質の美しさが◎【サイズ】スッキリしたデザインで1リットルタイプにしては小さく感じる。スイッチをいれても沸かなくなり、修理か買い換えるかとなったとき、飲み物以外でも使っていたので、一人暮らしですが、容量が足りなく感じていたので、1000mlに容量アップし購入することにしました。コーヒーメーカーを使わずにドリップでコーヒーが飲みたくなります。【静寂性】以前のプラスティック製よりも明らかに沸騰時の音が大きい。ティファールを使用中ですが!デザインに惹かれて購入。便利です!!音はしますがうるさくは感じません。電気ケトルといえばラッセルホブス。【使いやすさ】コーヒーポッド型の注ぎ口は湯量の調節がしやすくドリップに最適。【その他】蓋が取れるため!水を入れる際も干渉を気にしなくてラク。8年使ったステンレス製ティファールから、こちらの商品に買い替えました。コーヒーのハンドドリップがしやすい点とデザインがとても気に入りました。フタが開けにくいのが唯一気になる点ですが!他はデザインも実用性も気に入っています。